MosimosiiX もしもシークス

代理店 株式会社ルシエル

お役立ち情報

MVNOスマホは中古で探すべきなのか

■ MVNOの欠点
スマホに毎月8000円も払うのが馬鹿らしいと、MVNOに切り替える人が増えていますが、まだまだ大部分の人がドコモなどの大手通信事業者を利用しています。理由としてはMVNOの認知度の他に、通信制度への不安などもあるでしょう。また、問題なのがスマホ端末です。
大手キャリアでは高額な端末を分割で契約するケースがほとんどです。MVNOではスマホ端末を自分で用意しなければならない場合があります。それもSIMロックがかかっていないものを用意するなど、何も知識が無い状態からでは敷居が高い状態です。よくわからないけど、今使っている端末にMVNOのSIMを挿しても使えないんでしょ?それなら今のままでいいや、と考えるスマホユーザーはいくらでもいます。

■ MVNOで使える端末を探す二つの方法
MVNOで使える端末を探す方法は二つあります。ドコモなどでは、端末のみを販売してはくれないので、契約はしないけどスマホだけ頂戴、といっても断られてしまいます。そこで中古のスマホを探すというのが、端末を探す1つの方法となります。
中古スマホといっても何でもよいわけではなく、ドコモの端末(一部SIMフリー端末もあるが高額)で、盗難、料金滞納などで制限が掛かっていないものを探します。端末に制限がかかっていないかどうかは中古ショップ側で確認されていますし、万が一制限がかかっていて使えなければ返品に応じてくれる所がほとんどです。スマホの中古端末にも相場はありますが、2万円程度から見ておいた方がいいでしょう。

■ 難しい知識を覚えるのが嫌な場合
SIMフリー、ロック解除、白ロム、赤ロム、難しい知識を覚えるのは面倒だという人は、端末も用意してくれるMVNOを探して契約するのがよいでしょう。例えばイオンでは端末代金込みで、3000円程度でスマホが使えると一時ニュースで話題になりました。MVNOだからといって、端末は必ず自分で用意しなければいけないわけではありません。
事業者によって、用意されている端末もその値段も変わってきます。通信費と端末代を合わせたコストを考えて、切り替えを検討することが大切です。

CONTACT

MosimosiiXについてご不明な点などに関しては、お気軽にお問合せください。

メールフォームでのお問い合わせ

メールアドレス